送電停止から再開までをサポートします!

電気代の滞納の始まりは『離婚』が原因!

 

私が電気代を滞納した経緯

私が電気料金を滞納したのは、離婚がきっかけでした。

 

子供がいたので養育費を貰おうとも思ったけど、その時にはもう、2度と連絡を取りたくない気持ちの方が大きくなり、養育費無しで別れました。

 

 

そして、離婚原因はお互いの価値観の違いだったこともあり、慰謝料も請求しませんでした。

 

仕事はアルバイトだったけど、長い間フルタイムで勤めていたので、当面の生活くらいだったら、まだ何とかなると思い、子供を連れて家を出ることにしました。

 

『私はまだ仕事があるから大丈夫』と思っていたけど、引っ越しで貯金を使い果たし、徐々に生活が厳しくなっていきました。

 

自分の想像以上に、早いペースでお金がなくなり、とにかく住まいだけは確保したい思いから、家賃だけは優先して支払いをするようになりました。

 

離婚前は、女性の貧困なんて必死に働けば関係ないと思っていたけど、いざ一人になってみると、それがどんなに大変なことか、思い知りました。

 

やはり女性一人で子供を育てるのであれば、非正規ではなく、正社員になるべきだと思い必死に転職を試みたけど、一度も正社員の経験がなく専業主婦歴が長い40代の女性を雇ってくれる会社はありませんでした。

 

結局、アルバイトのまま、頑張るしかなくなったのです。

 

公共料金を後回しに!

それまでは安月給ながらも共働きだったので、何とか生活が出来ていました。

 

でも、一人で生活するとなると、フルタイムとはいえ、アルバイトだとやっぱり生活が厳しい。

 

でも、家賃とクレジットカードの支払いを済ませると、公共料金の支払いまで手が回らなくなってしまいました

 

公共料金だったら、そんなにすぐに止まらないだろうっていう思いがどこかにあったのだと思います。

 

やはりクレジットカードの方が、滞納した時の取り立てが厳しいと聞いていたので、公共料金の滞納の方が楽に思えてしまいました。

 

クレジットカードの場合は、ネットの口コミで「取り立ての電話回数がすごい」とか「自宅までやってくる」と聞いていたので、やはり子供がいるので、子供には心配をかけたくないと思うと、取り立ての厳しいクレジットカード会社の滞納だけはどうにかして避けないといけないと思いました。

 

リボ払いの枠も限度額一杯まで使い込んでいたので、クレジットカードは、返済するだけの借金になっていました。

 

そして、ついに現金にしか頼れない状況になってしまい、本当の苦しい状況に追い込まれていったのです。

 

親が早くに亡くなり、頼れる人がいない状況だったので、自分でどうにかするしか方法がありませんでした。

 

ついに電気が止まった!

そして、どうせ支払いの催促だろうと、郵便物を全く見なくなっていたある時、突然電気がつかなくなりました

 

最初は、「あれ?ブレーカーが落ちたかな?それとも停電?」と思いましたが、どうやっても電気がつかない!

 

その時になって、開きもしなかった郵便物の存在を思い出し、ようやく開けてみることにしました。

 

すると、そこには送電停止の予告が記載されていました。

 

それは正に、電気の消えたその日だったのです。

 

クレジットカードの支払いによって、全く手持ちがなかった私は、完全に行き詰まりました。

 

もう本当に、恥かしいくらい、お金がなかったのです。

 

一瞬、アルバイト先に頼み込んで、前借りできないか、考えたこともありました。

 

でも、そんなことをして迷惑をかけたら、なおさら仕事も失ってしまうんじゃないか?

 

そんな恐怖心もありました。

 

でも、このまま電気が止まったままなら、子供にも不安な思いをさせてしまう。

 

どうにかして、電気代を支払わないといけないと悩みました。

 

その時、私は覚悟を決めて、一か八かの賭けに出ることにしました。

 

身分証明書を手にして、私が急いで向かったのは、以前から気になっていた近所に設置してあった無人契約機でした。

 

なんとか送電停止から再開へ!

一刻も早く現金が欲しかったので、すぐに審査結果がわかる無人契約機を選択しました。

 

ネットからの申し込みだと、やっぱりどこまで審査が進んでいるのかわからないのが不安だったので、やはり急いでいる時には無人契約機や窓口が一番だと思いました。

 

 

事前にネットで、無人契約機の口コミをチェックしておいたので、身分証明書だけはすぐに出せるようにしておきました。

 

アルバイトでも借りれるのか不安でしたが、勤務年数だけはそれなりにあったので、「もしかしたら」って思いました。

 

クレジットカードの支払いも滞納はそれまでなかったので、すんなりと新規の契約をすることができたのです。

 

キャッシングで現金を手に入れて、支払いを済ませ、確認の電話連絡を入れたら、数時間で電気が復旧!

 

電気が普通につくってことに、あれほど安堵したことはありません!

 

そして、緊急で利用したキャッシングも、30日以内で返済したため、何と無利息で借りることが出来ました!

 

新規契約の特典のようですが、借り入れ額が少なく、短期での返済見込みがある人であれば、キャッシングやカードローンで現金を借り入れてしまうのスメもおススメです。

 

電気代程度の借り入れだったら、それほど高額にはならないと思いますので、収入が低いアルバイトでも、十分審査に通る可能性があります。

 

ピンチを乗り切ったキャッシングの利点

新規なら30日間は無利息&即現金が手に入る!

 

 

アコム

私が最初に電気代を滞納した時にお世話になった『アコム』

 

うちの近所では、アコムの無人契約機が多いため、たまたま駆け込みましたが、実際に使用してみて、大手の安心感があると思いました。

 

スタッフの対応もよく、初めて利用する人でも丁寧に説明

 

新規の場合、30日間は金利ゼロで利用できるのが魅力。

 

 

プロミス

アコムを利用した後に、『新規の無利息』に味をしめてしまい、生活費が少し厳しくなってしまった時に利用したのが『プロミス』

 

アコムと同様、大手の消費者金融業者で、30日間は新規契約の場合、無利息で借りれるのが魅力です。

 

スタッフ対応の良さもアコムに劣らず◎。

 

近所にプロミスの無人契約機が少なく、ネット申し込みになり、アコムの時より借り入れに少し時間がかかったので2位にしています。

 

 

 

アコムとプロミスであれば、どっちで借りても、大手の消費者金融業者で安心です。

 

スタッフ対応も良く、正直サービスについては、それほど差は感じられません

 

私の場合は、電気が止まってしまったので、『今すぐにでも現金が欲しい』という事情があり、無人契約機が近いと言う理由で『アコム』を選びましたが、それほど焦っていないのであれば、ネット申し込みでも十分に即日融資は可能ですので、好みで決めてしまっても良いと思います。

 

ただし、どうしてもすぐにお金が欲しい人は、やはり店頭窓口や無人契約機の方が間違いなく早いです。

 

緊急性に応じて、申し込み方法を変えてみると良いと思います。

 

どの申し込みでも、身分証明書は絶対に必要になりますので、事前に用意をしておきましょう。

 

 

闇金は避けるべき

ただし、キャッシングをする場合、一点だけ気を付けないといけないものがあるとすれば、それはやっぱり『闇金』です。

 

闇金は消費者金融業者とは違い、利息も法外であり、取り立ての激しさも全く違います

 

どうしてもお金が切羽詰っていると、どこでもいいからお金を貸してくれる場所に駆け込みたくなる気持ちはわかります。

 

しかし、お金は一度借りたら返済する義務があります。

 

大手の消費者金融業者であれば、無利息期間などを上手く利用すれば、金利ゼロで借り入れが出来ますし、どんなに高くても年利18%前後がほとんどです。

 

しかし、闇金の場合は『トイチ(十日で一割の金利)』など、一般的な消費者金融業者では聞いたこともないような金利が適用されるため、3万円をたった10日借りただけで3万3000円も金利がついてしまうのです!

 

1カ月後には、約4万円も返済しないといけない状況になってしまいます。

 

そして闇金の取り立ては、激しいことで有名です。

 

自宅への回収は勿論、近隣住民にも迷惑をかける可能性が出てきます。

 

住む場所すらも、安心できなくなってしまい、精神的に追い詰められてしまう可能性がありますので、やはりお金を借りる場所はちゃんと選びましょう。

 

大手の消費者金融業者であれば、例え滞納をしたとしても、連絡さえすれば、間違いなく話を聞いて、返済相談にのってくれます。

 

脅しの様な返済の求め方はしません。

 

闇金の場合は、金利が高すぎて、元本を返済できないケースがほとんどです。

 

どのくらい滞納すると電気は止まる?

支払いから3週間前後が目途

電気代を滞納すると、どのくらいから電気が止まるかというと、検針日から50日以上経つと危険なゾーンに入ります。

 

電気を止められるタイミングというのは、電気会社によって様々なため、一律で決まっているわけではありません。

 

しかし、どの電力会社も共通しているのは、1日や3日の支払いが遅れただけで、すぐに送電停止になることはありません。

 

やはり送電停止になるまでには、何度もハガキで支払いのお願いが届きます。

 

それでも無視をしていると、ついに送電停止の予告通知が届くのです。

 

ただし、送電停止の予告が来ても、料金をちゃんと支払えば、まだ止めることが出来ます。

 

結局、電気代の滞納分をしっかり払えば、電気はガスよりも簡単に復旧できます。

 

ガスの場合は、閉栓や開栓については、職人が行わないといけないため、立ち合いが必要になります。

 

そのため、一度ガスが止まってしまったら、お金を支払ったとしても、開栓の立ち合いをしないと、簡単には復旧できません。

 

忙しい人などは、なかなか開栓の立ち合いが出来ないと、ずるずると日程が延びてしまうこともあります。

 

その点、電気代は、支払いが終われば、数時間以内で復旧できるため、とにかく早くお金を用意すると言うのが、一番の解決方法になります。

 

逆に言えば、お金が用意できなければ、電気の復旧はいつまでも遅くなってしまうということです。

 

電力会社によっては、滞納してしまった料金については、分割対応してくれるケースもあります。

 

 

電気はライフラインの中でも早く止められる!

 

ライフラインの中で、昔から最も早く止められてしまう可能性が高いと言われているのが電気です。

 

水道が最も遅いのは、2カ月に一度の請求の為です。

 

やはり電気は、支払い期限から3週間後くらいにすぐに止められてしまうので、1カ月程度の遅延が致命傷となります。

 

1週間や2週間であれば、何とかなりますが、3週間以上になってくると危険です。

 

その場合、既に支払いが難しいと分っている人は、本当だったら、営業窓口へ電話して、支払いが困難なことを伝えておく方が大事です。

 

私も人のことは言えないですが、やはり滞納をしていると、どうしても連絡をしにくいという面が出てきます。

 

でも、送電停止後に支払いをして、確認の電話を掛けた時には、「もしも支払いが厳しい時には、一回ご相談いただければ」と、大変親切な対応だったので、「これだったら、事前に話をしておくべきだったな〜」と思いました。

 

長期で返済の見通しがつかない場合は、さすがに相談にのってもらうのは難しいかもしれませんが、やはりあとちょっと待ってもらえれば、返済が出来る場合は、電力会社に相談をしておくことをおススメします。

 

どっちみち、支払いが遅れるにしても、やはり相談済みの方が、連絡はしやすくなります。

 

滞納の問題から逃げ回ることは、精神的にも良くありません。

 

支払いをしたい気持ちを伝え、しっかり連絡を取っておくことが、お互いにとっての信頼関係につながります。

送電停止の状態を解除するには?

 

滞納分を支払うしかない!

 

送電停止の状態を解除するには、『お金を支払うしかない』

 

実にシンプルな答えです。

 

滞納している人に、いつまでもタダで電気を使わせるほど、電力会社も甘くありません。

 

支払いの催促の電話やはがきを送っても、一向に支払いがなく、何の意思表示もしてこない人は、やはり信用されません。

 

滞納していて、気まずいと言う気持ちは誰でも持っていますが、やはり『連絡をする』というのが、信用関係では一番大事なのです。

 

まだ返済の目途がついていないと言う人は、余計に電話をかけにくいかもしれませんが、電話をするだけで、電力会社の方は一先ず相談にのってくれます。

 

連絡がつかなくなってしまったり、夜逃げをするのが、やはり一番信用を失う行為です。

 

公共料金の支払いは、それほど請求金額高いので、すぐには法的手段に訴える事は少ないですが、やはり悪質な滞納者だと判断されれば、いつでも裁判沙汰になってもおかしくないのです。

 

実は公共料金にも時効があります。

 

公共料金の時効は、2年と言われており、それを目指して逃げようとしている人もいますが、やはり最近は公共料金の滞納も非常に厳しくなっているので、いつ裁判を起こされても不思議ではない状態です。

 

送電停止で悩んでいる人は、まずは日雇いのアルバイトでも、キャッシングでも、何でもいいからとにかくお金を用意することが大事です。

 

滞納分を解消できない限り、電気の復旧はありません。

 

 

 

 

電力会社によって違う対応

そして、電気料金の滞納については、各電力会社によって全く対応が違ってきます。

 

ネットには送電停止からの復旧による体験談が多くありますが、その体験談と自分のケースが、全く一緒になるとは限りません!

 

やはり電力会社や地域が変われば、ネットの口コミ通りの結果になるとは限りません。

 

そのため、ネットの口コミ体験は、あくまで【可能性の一つ】として、考えておくのが大事です。

 

同じような結果にならないと、「ネットではそういう口コミを見た!」と主張する人もいるかもしれませんが、やはり電力会社によって、それぞれの決まりがあります。

 

中でも対応が分かれるのは、分割払いなどに対応しているかどうかを巡っての判断です。

 

分割払いに対応していない会社もあれば、対応している会社もあるため、分割払いに対応していない電力会社を使っている人が、ネットで分割払いに対応している電力会社のケースを見て、「何だ、分割もできるんじゃん」と思ってしまうと、いざ相談した時に、分割払いに出来なくて、慌ててしまうことがあります。

 

電気代は、基本的に一括払いであり、分割払いには対応していないケースの方が多いので、分割払いにしてもらえれば、「ラッキー」だと思いましょう。

 

最初から分割払いをアテにしていると、後で痛い目に遭ってしまう可能性があります。

 

一括払いしか受けつけてくれないのであれば、やはり現金を工面するしか方法がなくなってしまいます。

滞納しないための支払い方法

支払い方法を『クレジットカード』にする

電気代の滞納をしないためには、一番良いのはやはりクレジットカードの利用です。

 

手元に現金がない時でもクレジットカードだったら、後からリボ払いに変更したりすることも出来ますので、何かと便利です。

 

ただし、電気代をクレジットカード払いにした結果、リボ払いに変更するくらいだったら、最初からキャッシングやカードローンを利用した方が良いケースもあります。

 

というのも、クレジットカードのリボ払いは、年利18%程度と決して安くありません。

 

そのため、年利の安いキャッシングやカードローンでお金を借りた方が、よほど金利が安く済む可能性があります。

 

クレジットカードのリボ払いがあんまりにも大きくなって支払いが大変になってしまっている人は、金利が安いキャッシングやカードローンへ借り換えするのも一つの手段です。

 

クレジットカードのリボ払いは便利な反面、金利は安くないので、長期的に見ればあまり良い方法とも言えません。

 

一般的には、キャッシングやカードローンの方が、怖そうな印象がありますが、クレジットカードのリボ払いは、実際には、キャッシングやカードローンよりも割高になっている可能性がありますので注意が必要です。

 

少しでも元本を減らしたいと思っている人は、リボ払いには要注意です。

 

リボ払いは借金の意識が少ないので、ついつい使ってしまう人も多いですが、借金で苦しんでいる人が非常に多いので、気を付けましょう。

 

 

『口座引落』と『銀行振込』は滞納しやすい!

 

電気代の滞納は、口座引落や銀行振込みの人に多いです。

 

やはり現金が手元にない時は、どうしようもなくなってしまいます。

 

 

口座引落や銀行振込みでの支払い対応が続いている人は、やはり節約して請求料金を低くするようにするか、収入を増やして支払えるようにするかの2択になってしまいます。

 

1度や2度の滞納であれば、たまたまですむのかもしれませんが、毎月毎月延滞している人の場合は、明らかに支出のバランスが崩れている状態です。

 

支払いが出来るのが普通であって、滞納が長く続くことは、何かを変えないといけない時です。

 

明らかに収入が不足しているのであれば、やはり年収UPを求めて、転職することも、滞納生活から抜け出す一つのポイントになってきます。

 

そして、「あと少し、電気代が安くなれば支払いが楽になる」というのであれば、節約をしましょう。

 

毎月足らなくなる支払い額によって、対応方法というのは違ってきます。

 

キャッシングやカードローンは、一時的なお金の不足をカバーするのには非常に有効ですが、毎月ずっと足りないお金を補てんすることには向きません。

 

毎月お金が足りない人は、やはり今の生活を変える必要が出ています。

 

1度や2度お金が足りないのと、毎月お金が足りないのでは、全く意味が違ってきます。

 

本当に無駄な支払いがない状態で、お金が足りないのであれば、収入を増やす以外に、借金地獄から抜け出す方法がなくなってしまいます。

電気代を支払いやすい額にするため節電

契約アンペア数を変えてみる!

 

電気代を少しでも安くしたい人であれば、おすすめなのが契約アンペアの見直しです。

 

電気代は、通常契約アンペアによって基本料金が違ってきます。

 

そのため、契約アンペアを安くすることによって、電気代を基本から安くすることが出来ます。

 

しかし、契約アンペアを変える時には、慎重にならないといけません。

 

いくら節約したいからと言って、少ない契約アンペアに申し込んだとしても、実際に使っている電気量が多く、契約アンペアよりも大幅に上回るようであれば、逆に電気代が高くついてしまうケースもあります。

 

そのため、契約アンペアを小さくしようと検討している人は、やっぱり契約アンペアの縮小と同時に、節電も行わないとダメです。

 

よく女性の場合なんかは、アロマキャンドルなんかを使って、節電している人もいます。

 

ただし、電気の消費量というのは、個人によってかなりの差がありますので、まずは無駄な電力から節電していくことが大事になってきます。

 

ゲームをしていることが多い人は、ゲーム時間を少なくしたり、無駄にエアコンの温度を上げたり、下げたりしないようにするのも大事ですね。

 

体温の調整は、洋服でも可能ですので、自分で上手く節電方法を見つけていくしか方法がありません。

 

特にパソコンやゲームをやっている人は、どうしても電気を食うので、使用時間が縮めることが、節電に大きな効果をもたらします。

 

また、自宅にずっといる人は、やはり電力の消費が大きいですね。

 

 

生活習慣を変える!

 

また、電気は生活習慣を改善することによっても、節電ができます!

 

電気代が多くかかる人は、やはり夜型の体質の人の方が多いです。

 

昼間であれば、室内は明るいので、部屋の電気をつける必要もありません。

 

就寝が早い人も、日が落ちてから寝るまでに使用する電気量が少ないので、節電体質です。

 

逆に、夜になってしまうと、目が覚めてしまい、夜遅くまで電気を使っている人は、やっぱり電気代もそれなりに高くなります。

 

夜になってから起きている時間が短い人の方が、電気代はかかりにくいです。

 

夜型体質でゲームやパソコンなどをずっとやっているタイプは、どうしても電気代が高くなるので、生活スタイルを変えることが大事です。

 

長年染みついてしまった生活スタイルを変えることはすごく難しいですが、やはり支払いが出来るサイクルに戻すためには、色々な我慢が必要になってきます。

 

特に電気は節電が可能な部分なので、やはり削れるものがあれば、削る方が良いに決まっています。

 

公共料金は、毎月消耗されていき、手元には残らないものですから、やはりそれだけ何となく支払っているのは勿体ないです。

 

電気代の支払いは、毎月かかりますので、少しでも上手く節電して、電気代を減らすことも大事な問題だと思います。

 

電気代を支払うことが出来る十分な収入と、節電を行えば、滞納はなくなってきます。

 

キャッシングやカードローンで、一時的に救われても、その後に払い続けることが出来ないと、意味がなくなってしまいます。

 

送電停止を遅らせることはできる?

窓口に相談してみる!

 

なんとかして、送電停止を遅らせたい!

 

そう思った時には、まずは営業窓口へ相談することが何よりも大事です。

 

 

既に送電停止の予告通知が出てしまった後は、もう滞納分を支払わないことには、どうにもできなくなってしまいますので、営業窓口に相談をするのであれば、やはり送電停止の予告が出る前ということになります。

 

このことから、営業窓口に相談するとしても、支払いを待ってもらえる可能性がありそうなのは、基本的には期日から1、2週間程度と考えておいた方が良いと思います。

 

さすがに3週間以上になってくると、送電停止の通知が届く可能性が出てきますので、相談をするのであれば、なるべく早く営業窓口に電話をするようにしましょう。

 

悩んでいる間に時間が過ぎてしまい、手遅れになってしまうこともあります。

 

やはり支払いが難しい時には、事前に相談が出来るのが理想的です。

 

ただし、支払いの相談と言っても、ただ「払えない」では、通用しません。

 

いつなら支払いが出来るのか、具体的な目途を伝える必要があります。

 

そのため、分割払いでも一銭も支払いが難しいと言う場合は、相談しても、なかなか良い案をもらえない可能性があります。

 

支払い相談というのは、少しでも支払いを出来る人を前提にしている部分があるため、全く支払いの目途が立たないと、送電停止にストップをかけることは難しくなってしまいます。

 

滞納分を支払わない限り、絶対に送電停止は止めないと言うスタンスの電力会社もありますので、分割払いも厳しいようだと、支払い相談をしても難しいかもしれません。

 

 

分割払いを期待をしてはダメ!

 

そして、電気代の滞納の時に、よく淡い期待を抱きやすいのが、『分割払いへの変更』です。

 

よくクレジットカードで滞納した時などは、返済分を分割払いに変更してくれることがあります。

 

そのため、クレジットカードの滞納で、一度分割払いに変更してもらい味をしめた人の中には、電気代も同じように分割払いで乗り越えられるのではないかと考える人もいます。

 

しかし、電気代に関しては、電力会社によって、全く対応が違います。

 

中には、分割払いに対応してくれるケースもあるかもしれませんが、基本的には電気代は、分割払いの対応が難しいケースが多いです。

 

滞納した分は、一度全部支払わないとなかなか送電停止を止めることは難しくなってしまいます。

 

数か月分を滞納しそうな場合は、やはり最初の電気代からドンドンと支払っていく必要があります。

 

電力会社がどのような対応になるのかは、実際に相談してみないとわからないですが、最終的には、電力会社の指示に従うことになってしまいます。

 

それぞれの会社で、対応が違うので、ネットの口コミなんかでは、「分割にできた!」という意見も見られますが、分割はダメで、一括払いが出来ないと、電気が止まってしまうと言う厳しい対応をしている会社も当然あります。

 

自分の利用している電力会社が、どんな対応を取るのかは、ネットに相談しても誰もわかりません。

 

やはり直接、自分で相談するしか方法がないのです。

滞納を解消してから送電再開までの時間は?

24時間対応なら1〜3時間以内の復旧も可能!

送電停止になっても、ちゃんと滞納分を支払えば、すぐに復旧してもらえるのが電気の良い所です!

 

ガスは開栓・閉栓は専門職員が行うと決められているため、支払いをしても、すぐには再開できないケースがあります。

 

特に引っ越しシーズンなどで、ガスの開栓業務が多い時、仕事が忙しくて、なかなか都合のよい時間に予約が取れない時などは要注意です。

 

電気の場合は、送電が止まっても、お金さえ支払いをすれば、24時間対応してくれる電力会社であれば、すぐにでも復旧をしてくれます。

 

通常、1〜3時間以内で、電気がつくようになります。

 

ただし、電気の復旧の場合は、支払いをした後に、電話連絡が必要になるケースが多いので、支払いをした後にそのままにしていても、電気がつかないケースもあるので注意をしましょう。

 

しかし、24時間対応じゃないケースは、翌日に復旧することもあります。

 

送電停止になる前は、電気が止まると、一生使えないんじゃないのかと、すごく不安になったり、実際に電気が止まると、人生が終わったような気になってしまいます。

 

しかし、電気の復旧は、支払いさえ済めば、非常に復旧が楽であり、お金を用意することさえできれば、一度送電停止をされても、それほど復旧は難しくないので大丈夫です。

 

ただ、お金を準備できないと、いつまでも電気を使えない状況が続きますので、精神的に不安定な日々が続いてしまいます。

 

 

 

 

電気が止まると命にも関わる!?

特に雪国の冬場や、夏場は送電停止によってエアコンなどが使用できないと、健康にも影響を及ぼす可能性があるので深刻です。

 

雪国の冬場はエアコンやこたつなど、暖房器具の家電が多く、電気を止められてしまうと、死活問題になってしまいます。

 

マイナスまで気温が下がってしまうような地域で、暖房器具が一切使えなくなってしまうと、高齢者や体が弱い人は、体調を崩す恐れがあります。

 

マイナスまで気温が下がらないような地域であれば、冬場に暖房器具が使えなくても、洋服を厚着したりしてダメージを軽減することが出来ますが、やはり地域によっては、電気が停止すると、深刻な影響を受ける人もいますので、そういう場合は、キャッシングやカードローンなどで、1日も早く支払いを済ませて、復旧させる方が賢明です。

 

また、夏場も電気の停止によって、エアコンが使えないと、高齢者や小さな子供の場合は、熱中症で自宅にいても死亡する可能性があるので危険です。

 

春や秋などの、天候が良い時期は電気が止まっても、それほど健康被害は少ないですが、やはり夏場と冬場は、気温差が激しいので、電気が使えなくなってしまうと、非常に体調を崩しやすくなりますので注意をしましょう。

 

送電停止によって、命の危機に晒されるようであれば、やはり1日でも早く滞納分を解消するのが大事です。

 

カードローンやキャッシングに頼りたくないという気持ちもありますが、背に腹は代えられません。

送電復旧は自動で行われるわけではない!

『電話連絡』が必要!

 

なんとか滞納分のお金を用意出来て支払いが済んでも、実は電気の復旧には、『電話連絡』が必要になるケースが多いのです!

 

そのため、支払いは済んだけど、電話連絡をしないために、なかなか電気が復旧しないと言う人もいます。

 

 

 

電力会社から届く郵便物には、支払いの後の電話連絡が必要と注意書きがあるケースがありますので、よくチェックしておきましょう。

 

支払い後にすぐに連絡をしたほうが、やはりお互いに確認が出来ますし、何よりも、早く電気が復旧するので連絡をしたほうがおすすめです。

 

滞納をしている時には、電話が掛けにくいですが、やっぱり支払いをした後になると、連絡もしやすくなります。

 

電話連絡まで進めば、一安心になってきます!

 

後は電気の復旧を待つだけになってきます。

 

電話連絡まで進めば、精神的な負担が大きく減ります。

 

電気の滞納の場合は、お金を工面するところまでが最大の正念場なので、そこまでが大変です。

 

電気が無事に復旧されれば、その後はもう電気代を滞納しないように、払い続ける事が大事になってきます。

 

当面、電気代を支払うことが難しい場合は、キャッシングやカードローンでお金を借りる人は、念のために、電気代の2,3カ月分くらい借りておくと、またすぐに送電停止の危機になったりすることがないので安心です。

 

アルバイトや派遣でも、カードローンやキャッシングは年収に応じて貸してくれますので、10万円位の利用枠で、多重債務でなければ、新規の審査は難しくありません。

 

 

 

 

自分で無理やり復旧しようとすると感電のリスク!

 

また、送電復旧で一番気を付けたいのが、自分で復旧しようとすることです。

 

自分で復旧をしようと思うと、感電の危険性が出てきますので、絶対に避けましょう。

 

 

 

通常、家庭用の弱い電力では、感電死する人までは少ないと言われていますが、心臓などに持病を抱えている人や、高齢者の場合は、死亡する可能性がありますので、特に注意が必要です。

 

感電しても、動けるのでそれほど深刻に感じていない人でも、感電した場合は、念のために、病院に行くことをおススメします。

 

というのも、感電した場合、パッと見は元気そうに見えても、実は脳に異常が出ている可能性があると言われています。

 

ある程度大きな病院へ行き、精密検査を受けた方が安全です。

 

感電した場合、脳や心臓などの、大切な部分が、ダメージを密かに受けている可能性がありますので、放っておくのは良くありません。

 

また、感電すると、火傷などを起こす可能性もありますので、その場合は、必ず病院行くようにしましょう。

 

周りに人がいないと、万が一自分が感電して、気を失った場合、そのまま救急で運ばれることなく、手遅れになってしまうこともあります。

 

感電時に周りに人がいれば、何かあった時にも安心ですが、一人の場合は、発見までに時間がかかる可能性がありますので余計に危険です。

 

早く電気の復旧を希望する気持ちはわかりますが、電気は復旧までに数時間ですぐに直りますので、危険なことはしないで、大人しく待つようにしましょう。